浄化槽の管理方法とトイレリフォームのポイント

トイレは衛生的な暮らしを営むのに不可欠な設備ですが、快適に使うためには下水道が整備されていることが重要な条件になります。下水道が普及していない地域のトイレは汚物を適切に処理するため、浄化槽と繋がっているのが普通です。

浄化槽の適切な管理方法を理解すると共に、清潔で気持ち良く使用出来るトイレにするためのリフォームについて学びましょう。


トイレ用浄化槽の仕組みについて

浄化槽はトイレなどの水回り施設から生じた生活排水の汚れを取り除くための設備です。下水道が整備されている地域では生活排水は下水管を通り、処理場まで運ばれます。しかし、下水道が無い地域ではそのまま河川に垂れ流す形になってしまうため、環境汚染を防ぐ目的で浄化槽を設置する必要があります。

浄化槽は内部に複数のフィルターが設置されているので、排水を流すことによってゴミなどの異物を取り除くことが可能です。トイレ用の浄化槽も基本的な仕組みは同一ですが、現在ではトイレに限らず、台所や浴室から生じるすべての生活排水をまとめて処理する合併処理浄化槽が最も普及しています。

また、法律で生活排水を処理せずに河川へ廃棄する行為は禁止されていることから、トイレだけの汚水を処理する単独処理用の浄化槽を新たに設置することは出来ません。浄化槽と繋がっているトイレはその構造から汲み取り式トイレと同じ物と誤解されることもあります。

しかし、汲み取り式トイレは汚物を一時的に溜めるだけの設備なので、ゴミなどの異物を取り除く効果がある浄化槽とは仕組みが根本的に異なります。また、汲み取り式トイレはバキュームカーで汚物を回収する必要があるのに対し、浄化槽は自動的に排水処理が行われるのも違いの一つです。

浄化槽のメリットとデメリット

浄化槽は下水道が整備されていない地域でも生活排水を処理出来るメリットがあります。山間部や離島など、下水道が整備出来ない地域では現在でも建物ごとに浄化槽が設置されているのが普通です。下水道の整備は地域一帯の協力が必要な他、膨大な費用が必要です。

排水を処理するための大掛かりな施設も必要になることから、金銭や立地などの条件で下水道が整備出来ない地域では個別に浄化槽を用意することになります。また、下水道の利用料金が高額になる世帯が支出を低く抑えるために浄化槽を導入するケースがあります。

浄化槽は初期費用がかかりますが、下水道を使わずに汚水処理が出来るので下水道の利用料金を支払う必要がありません。長期的に見れば金銭面の負担を減らすことが出来るのもメリットの一つです。その一方で浄化槽は衛生管理の面で幾つかのデメリットが存在します。

中でも悪臭や害虫の発生は浄化槽のある世帯では避けられない問題です。浄化槽はトイレの汚水をはじめ、様々な生活排水をタンクに溜めて処理するので悪臭を完全に除去することは出来ません。浄化槽には悪臭の発生を軽減させるための設備が組み込まれていますが、排水の量が急増したり設備が老朽化するなどの理由で適切な処理が出来ないことがあります。

また、排水管を通って害虫が室内に入り込む可能性があるのも浄化槽がある住宅に多く見られるトラブルです。排水の効率的な処理が出来る浄化槽ですが、衛生管理の面ではデメリットが多いことを把握する必要があります。

清潔な生活環境を保つためのトイレリフォームについて

トイレは用途の性質上、頻繁に汚れが生じやすい設備です。

そのため、常に清潔な状態で使用出来るように排水設備には一切の不備が無いことが重要になります。関連情報→トイレ交換激安

汚物を溜めるだけの汲み取り式トイレや古い浄化槽に直結しているトイレは悪臭や害虫などの不具合があります。不潔な状態を放置するのは重大な健康被害を引き起こす可能性があるので、速やかにリフォーム工事を行って清潔な環境を保つことが大切です。

下水道が整備されている地域であれば古い浄化槽を取り除き、下水管に繋げる工事を行うことでトイレ問題を解決することが出来ます。浄化槽の撤去は高額な出費になりますが、自治体によっては補助金が出るケースもあるので快適な暮らしを営むためには行政サービスを上手に利用することを心がけます。

下水道が整備されていない地域でのトイレリフォームは処理能力が高い、新型の浄化槽を導入するのが最適な方法です。トイレから生じる汚水は悪臭や害虫の発生源になりやすいので、適切な排水処理が出来る浄化槽を選ぶことが重要になります。

また、台所や浴室から生じる汚水も一緒に処理する必要があるので、水の使用量を考慮したうえで容量に余裕を持たせるのがトラブルの無い、快適な利用を続けるためのポイントです。一般的に容量が大きくなるほど費用も高くなりますが、新型の浄化槽の導入は古い浄化槽の撤去と同様に補助金が支給されるケースがあるので、地域の自治体に問い合わせるのが負担を減らす工夫です。

トイレリフォームを行う際の業者選び

トイレリフォームは大掛かりな工事が必要になることから、専門業者に作業を任せるのが無難です。その一方で同じ作業でも業者の技術力で仕上がりの良し悪しが大きく変わります。また、排水管や浄化槽の入れ替えには敷地内の土木工事を行う必要があるので、設備や人員がそろっている業者を選ぶことを心がけます。

費用についても必ず事前に見積もりを行って内訳を確認し、不明な点を残さないのがトラブルの無い工事を進めるための条件です。トイレは誰でも必ず使う設備なので、わずかな不具合も無い、完璧な仕上がりにすることを心がけます。

リフォーム工事の出費を低く抑えるコツ

トイレリフォーム工事は便器から排水管、場合によっては浄化槽を入れ替えることになるので費用が高額化しやすい傾向があります。浄化槽の入れ替えについては自治体から補助金が支給されるケースがありますが、それ以外の事柄については自己負担が一般的です。

その一方で便器や排水管は快適かつ安全に使うことが重要なので、経年劣化した中古品を用いることは殆どありません。そのため、リフォーム工事の出費を低く抑えるには業者ごとの工事費用を比較したうえで入念な交渉を行うのが効果的な方法になります。

浄化槽の入れ替えを伴うトイレリフォーム工事の場合、浄化槽を共有している台所や浴室などの水回り設備を一緒に点検するのを依頼することでリフォーム工事の費用を割引してもらえる可能性があります。

また、浄化槽のメンテナンスを任せるのも業者のお得意様になる方法の一つです。